かわのて整骨院ブログ

2013.10.15更新

足の親指が曲がってしまい、人差し指に重なってくるような形になってくることがあります。人によってはひどく痛みがありますが、全く痛みのない人もいます。

保険の範囲ではないのですが、よく相談を受けます。

サポーターで、親指を引っ張ってみたり、指の間に物を挟んだりと色々な対処の仕方がありますが、どれもはっきりした効果は出にくいようですね。
  実は、親指だけの問題ではなくて、足の甲の骨から動かしてあげないとしっかりした解決にはならないのです。

 治療自体は、特に痛いことはしません。むしろ、「え?そんなことで?」と言うくらいの軽い操作でみるみる指の様子が変わっていきます。そう、骨の並びを整えてあげることが大事なのですが、骨自体は極く軽い力で動いてくれるので、全く何をされているのか分からない程度の感覚しかありません。
そんな軽い力加減で、びっくりするくらい足の形が変わってくるのですから面白い。
 更に効果を持続させるために、しばらくの間、テーピングで骨格に癖をつけていきます。

 随分と実績を上げていますが、リバウンドもなく効果的な方法だと自負しています。
 外反母趾でお悩みの方は、是非ご相談下さい。

投稿者: かわのて整骨院

かわのて整骨院 TEL:03-3894-3776 お問い合わせはこちら
かわのて整骨院 TEL:03-3894-3776 お問い合わせはこちら